about

SDGs貢献内容|チェンシージャパン株式会社

チェンシージャパン株式会社は、SDGsが掲げる目標達成に向けて、具体的な方針や対策を決定しました。

活動を通じ、地域から世界へ貢献できるグローバル企業として取り組んでまいります。

SDGsとは?

SDGsとは、Sustainable Development Goalsの略称で、「持続可能な開発目標」のこと。

SDGsは2030年までの目標として、2015年9月にすべての国連加盟国が全会一致で採択したものです。

チェンシージャパン株式会社が所在する神奈川県では、以下の理念を提唱しています。

神奈川県では、総合計画の基本理念「いのち輝く神奈川」の実現に向けた取組とSDGsの理念は軌を一にするという考えのもと、県民、企業、大学など、さまざまなステークホルダーと一体となって、SDGsの「自分事化」「行動促進」に向けて取り組んでいます。 こうした中、特に、県内企業数の99%を占める中小企業の取組がSDGs達成には欠かせません。

引用:中小企業SDGsBOOKかながわ|神奈川県公式ウェブサイト”

多種多様なステークホルダーとともに、自分事化・行動促進に向け挑戦していまいります。

目標3「すべての人に健康と福祉を」

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

取り組み:健康経営推進

  • 社内にて健康経営宣言 
  • 健康診断受診率100% 
  • 問題があれば再診を促す 
  • 産業センターに伺い社員の健康状態をチェック 
  • 心のケア:メンタルヘルス、ストレスチェックなど 
  • 勤務時間内の予防接種

目標3「質の高い教育をみんなに」

すべての人に包摂的かつ公正で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

取り組み:人材開発の取り組み

目標5「ジェンダー平等を実現しよう」

ジェンダー平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る

取り組み:女性活躍推進宣言、えるぼし認定

  • 女性社員の積極採用 
  • 女性役員 
  • 産休育休制度あり 

目標8「働きがいも 経済成長も」

すべての人々のための持続的、包括的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワークを推進する

取り組み:テレワーク推進

  • 8時~20時のフレックスタイム制導入
  • テレワークした人に対しテレワーク手当

目標9「産業と技術革新の基盤をつくろう」

レジリエントなインフラを整備し、包括的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る

取り組み:ISO9001、品質マネジメントシステム、スマートSMEサポーター

目標15「陸の豊かさも守ろう」

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地の劣化の阻止・回復および逆転、ならびに生物多様性の損失を阻止を図る

取り組み:ペーパーレス推進

  • 契約書、請求書、見積書の電子化
  • 社内の書類を電子化し、クラウド上で保管

目標16「平和と公正をすべての人に」

持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する

取り組み:個人情報保護方針

社員の声

■健康経営推進

  • 業務時間中に健康診断が受けられるので助かりました。
  • 社内報(CHENGSI Journal)で、健康に関する呼びかけコラムがあり役立ちました。
  • 健康相談ができるという声掛けがあるので、気軽に相談できるようになりました。

■女性活躍推進宣言

  • 女性採用や育休など、お母さんとして嬉しい制度ができました。
  • 子どもに何かあったとき、お休みが欲しいと言いやすくなりました。