業種別ソリューション

自動車産業

自動車産業向けERPソフトウェア

IFS Applicationsは、長期にわたり、自動車産業に最適なERP(企業資源の最適化計画)ソリューションとして導入されてきた実績があります。

自動車産業のお客様は、IFSのソリューションの導入により、自動車のライフサイクルを通した管理が可能になりました。IFSのソリューションは、設計統合から需要管理、サプライチェーン管理、一貫生産、販売およびアフターサービス管理にいたるまでを支援し、これらすべての機能は会計管理や人材管理と統合されています。さらに、カンバンなどリーン生産にも対応しています。IFS Applicationsは、自動車OEMメーカーならびにあらゆる層のサプライヤーに最適化されたソリューションを提供します。

自動車産業向けIFS Applicationsには、生産管理、販売管理、サプライチェーン管理、サービス管理、設備資産管理、プロジェクト管理の機能が装備されており、これらは会計管理や人材管理と統合されています。IFS Applicationsは、スタンドアロン型で導入したり、あるいは既存システムと統合するなどさまざまな形態での運用が可能です。または、段階的に導入し、全社的なシステムへと拡張していくこともできます。

自動車部品サプライヤーの中には、IFS Applicationsを導入している他の産業の製造業と同様に、複雑なオーダードリブンの複合生産方式に対応したソリューションを必要としている企業があります。しかし、多くの場合、リーン生産(かんばん)、電子データ交換(EDI)、マルチサイトの生産計画および実行などの自動車業界に特有の機能が必要とされます。

自動車メーカー(組立業者)は、特に、複数のアルゴリズムに基づく需要計画および予測、サービスレベル契約に基づくスペア部品の供給や代替計画、受注設計生産や個別受注生産管理、プロジェクト型生産管理や製番管理を含むプロジェクト管理の機能に高い関心を持っています。

また、IFSエコ・フットプリント管理ツールを使用すると、製品単位で環境への負荷を定量化できます。製品ライン、製造プロセス、事業部または会社別に環境負荷の詳細なレポートを作成できます。