資料ダウンロード

各種IFS導入事例、ホワイトペーパー、製品資料、会社案内資料は、
以下より、必要事項を入力の上、ダウンロードをお願いします。

ウェビナー

タイトルをクリックし、資料概要をご確認ください。
資料ダウンロードは各項目のダウンロード申し込みフォームよりダウンロードいただけます。

製造業の中規模企業様に向けて、ERPを導入した際に経営層でも中々気づかなかった現場間の業務のねじれを発見・解決し、生産性の向上から働き方改革につながったお話をすると共に、特定業種にフォーカスした現場重視のERPをご紹介いたします。
※チェックしてください

導入事例
(チェンシージャパン)

タイトルをクリックし、資料概要をご確認ください。
資料ダウンロードは各項目のダウンロード申し込みフォームよりダウンロードいただけます。

プレシジョン・システム・サイエンス(PSS)は、遺伝子検査やたんぱく質検査などの体外診断(IVD)、DNA抽出装置などの研究開発・検査の自動化装置を開発するバイオ機器メーカーです。新型コロナウイルスの全自動PCR測定システムでも国内外から大きな注目を浴びています。全自動PCR検査装置の需要拡大でERPを刷新、経理業務の平準化により業務効率や社内外監査効率改善だけでなく、働き方改革の実現に着手しました。
※チェックしてください

各種導入事例
(IFSJapan提供)

ケースタイトルをクリックし、資料概要をご確認ください。
資料ダウンロードは各項目のダウンロード申し込みフォームよりダウンロードいただけます。

 ミツトヨアメリカは、2002 年に自社開発のアプリケーションをIFSApplications に置換したことにより、ビジネスの効率と可視性を改善しました。 更に2010 年にIFS Applications を最新バージョンにアップグレードすることで、さらなる業務の効率化を実現しました。
※チェックしてください
 建設機械「CATERPILLAR(キャタピラー)」ブランドを掲げ、品質にこだわり、常に市場の一歩先を進むキャタピラーグループ。 その一員であるキャタピラージャパン株式会社は、米国のキャタピラー社と日本の三菱重工という2つの世界的なメーカーの技術と文化を継承し、グローバルに活躍しています。 東京ドーム20個分ほどの広大な敷地をもつ同社の相模事業所では、IFS Applicationsを導入し、仕入れ・加工・組立の一貫生産方式で、トラクタや油圧ショベル、それらに関連するコンポーネントなどを生産しています。
※チェックしてください
 フードサービス機器メーカーとして、冷蔵庫、製氷機、食器洗浄機、給茶機などを製造・販売し、飲食サービスをトータルでサポートするホシザキ電機。
15の販売会社と約430の営業所で、国内をくまなくカバーし、お客様への手厚いサービスで順調に業績を伸ばしています。
生産現場のプロセス改善とIT化により、2007年から2010年にかけての4年間で、在庫や物流コストの削減など、ほぼ目標どおりの成果を達成。
その後、2011年の需要拡大に伴い、さらに生産システムを改善することで、生産効率を40%高めることに成功しました。

※チェックしてください
 大正5年の創業以来、各種金属の鋳造技術をベースにした製品を製造・販売している旭テックは、独創的な技術で、自動車や産業機械を中心に軽量化と強靭化に貢献する数々の製品を手掛けてきました。
電力機器事業と環境装置事業においても、エネルギーと地域アメニティに幅広く貢献しています。
新基幹システムが生産形態の異なる5つの事業部を繋いだ情報戦略とは。

※チェックしてください
 オフィス家具業界のリーディングカンパニー株式会社岡村製作所(以下、オカムラ)。
ものづくりにこだわり、様々なプロダクトを開発、提供しているオカムラが、ホストコンピュータからの脱却を目指し、国内全11工場を対象に業務変革プロジェクトを立ち上げ、ビジネスの変化に柔軟に対応できる「サービス提供型」システム基盤で新しいものづくりに挑戦しています。

※チェックしてください
 印刷機械、紙工機械の開発・製造・販売を手がける三菱重工印刷紙工機械株式会社(当時は三菱重工 紙・印刷機械事業部)。
「生産体質の変革」、「組織のスリム化」、「IT革新」の3つの目標を掲げ、2006年に新しいものづくりへの取り組みをスタートさせました。

※チェックしてください
 1943年の設立以来、画像処理技術をコアとして、現在では印刷製版関連機器から最新のエレクトロニクスを支える半導体・液晶製造装置まで手がける大日本スクリーン製造。
多様な顧客ニーズに応じられる高い技術力が最大の強みで、フォトリソグラフィーを用いた半導体製造装置は売上ランキング世界トップクラスを誇ります。
将来の業務を見据え、基本方針として──決算の短期化、生産革新の具現化、インターネットを活用したEビジネスへの対応、将来の状況変化への柔軟な対応──の4点を策定。  全社一丸となった生産革新により、より一層の飛躍を遂げました。

※チェックしてください
 “鋼と機械の総合メーカー”として国内外で高い評価を得ている日本製鋼所(以下、JSW)。
今年で創立100周年を迎える同社は、電力・鉄鋼・造船・石油化学などの重化学工業のみならず、自動車・電機・情報機器といった新分野でも活躍しています。
2006年、室蘭、広島、横浜の3つの製作所のうち、機械製品の工場である広島と横浜で新しい基幹情報システムが相次いで始動。すでに多くの成果を上げています。

※チェックしてください

ホワイトペーパー

タイトルをクリックし、資料概要をご確認ください。
資料ダウンロードは各項目のダウンロード申し込みフォームよりダウンロードいただけます。

①IoTと「デジタル・スピード」は、サービスへの対応時間にどのような違いをもたらすか。 ②意思決定者は、なぜ業務の視覚化・可視化を求めるのか。 ③製造業が期待するIoTの役割ー付加価値の創造と不良品発生の抑制。
※チェックしてください
①今日の製造業にとって、サビタイゼーションが意味することとは。 ②なぜサビタイゼーションが注目を浴びているのか。その実態には、何が必要か。 ③サビタイゼーションによる真のメリットとは?
※チェックしてください
①フィールドサービスの業務プロセスをデジタル変革するために、最も信頼できる最善のアプローチは何か?
②設定した変革の目標を達成できるテクノロジーツールをどう選ぶか?
③デジタル変革は誰にとっても同じものか?

※チェックしてください

製品資料・会社案内

 さまざまな生産方式に標準で対応しているIFS Applications。コンポーネント型のアーキテクチャーのため、業種ごとのニーズに応じて最適化された豊富な機能の中から、自社のビジネスに最適なものを選択し、システムを構築することができます。
※チェックしてください
弊社チェンシージャパンとIFSの紹介資料です。概要資料のため、詳細はお気軽にお問い合わせください。
※チェックしてください