IFSが「2021年ソフトウェア企業」第5位を受賞

  • 2021年7月16日
  • 2021年8月5日
  • IFS, NEWS
IFS

The Software Reportが2021年7月12日に発表した「2021年のソフトウェア企業トップ100」で、IFSが第5位に選ばれました。

2021年のソフトウェア企業トップ100( Companies of 2021)では、徹底した評価のものノミネートされ、上位100の企業が選出・受賞。

MicrosoftやAdobeなどの有名企業から、比較的新しい企業まで多数受賞しています。

おもな評価の項目は、ソフトウェア製品の品質、経営陣の資質、組織文化、企業全体の進化など。

今回受賞したソフトウェアのTOP10は以下です。

1位. Microsoft
2位. Adobe
3位. ServiceNow
4位. Dropbox
5位. IFS
6位. Guidewire
7位. Cornerstone
8位. Secureworks
9位. Vertafore
10位. Procore

IFSの紹介部分をみてみましょう。

引用:The Top 100 Software Companies of 2021|The Software Report

1983年に設立されたIFS。

IFSは、以下の業務管理を中心に、世界中の企業向けにエンタープライズソフトウェアを開発・提供しています。

  • 商品の製造・販売
  • 資産の構築・維持
  • サービス

日本ではまだ馴染みのないIFSですが、カールスバーグ、パナソニック、米海軍など多くの著名な顧客を抱えています。

IFSが注力している主要分野はおおきく5つ。

  1. 航空宇宙
  2. 防衛
  3. エネルギー
  4. 製造エンジニアリング
  5. サービス

IFSの従業員が持つ、業界の専門知識と成長するエコシステム。

すべてのステップで価値を提供するというコミットメントにより、IFSはこの分野のリーダーとして認められ、最も推奨されるサプライヤーとなっています。

IFSの4,000人の従業員チームは、毎日10,000以上の顧客にサービスを提供中。

2021年1月には、クラウドベースのエンタープライズ・サービス・マネジメント(ESM)ソフトウェアのグローバルプロバイダーである、アクシオス・システムズPLCを買収しました。

アクシオス・システムズの買収により、ワークフローの設計と自動化、社内の効率化、チームやシステム間のデータ接続に関して、IFSの能力にさらなる深みが加わりました。

2020年度の業績は、ソフトウェア収益が前年比26%増・クラウド収益が60%増・経常収益が43%増に。

今後のIFSの飛躍に期待を隠せません。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!

IFSの最新記事8件

>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG