クラウドERP「ZAC」4つの魅力とは?価格・導入事例・評判も解説

  • 2022年6月27日
  • ERP
ERP

導入実績800社以上を誇る、クラウドERP ZAC。

サービス業に特化した本製品は、一体どのようなシステムなのでしょうか。

本記事では、クラウドERP ZACの魅力を、価格・導入事例とあわせて紹介します。

導入をご検討中の方は、ぜひ最後までご覧ください。

クラウドERP「ZAC」とは?

引用:クラウドERP ZAC

提供会社 株式会社 オロ
対象会社規模 小規模事業者〜中堅企業
提供形態 クラウド型
ERPの種類 業種特化型
料金(参考価格:社員数120名)

ライセンス費用:750万円
導入支援費用:430万円
保守費用:16.5万円/月

ホームページ クラウドERP ZAC

クラウドERP ZACは、案件・プロジェクト別の収支管理を中心に、企業内のバックオフィス業務を管理するクラウド型のERPパッケージです。

主に、システム・IT業や広告・イベント業、コンサルティング業を対象としており、各業種の商習慣や業務に特化した機能を搭載。

また、必要な機能モジュールのみを導入できるため、ムダな導入コストを削減できます。

導入後の機能拡張・追加も可能なため、スタートアップ企業から中堅企業にいたるまで、実に800社以上の企業で導入されています。

本章ではクラウドERP ZACの概要として、標準搭載されている基本機能を紹介します。

クラウドERP ZACの基本機能

引用:機能一覧|クラウドERP ZAC

クラウドERP ZACの基本機能は、下記の通りです。

  • 販売管理:見積・受注・売上・請求・売掛金・入金管理などを管理
  • 購買管理:発注/仕入れ・支払い・買掛金などを管理
  • 在庫管理:商品の入出庫管理や受払台帳などの各種帳票出力
  • 勤怠・工数管理:出退勤管理・シフト管理・人員リソース管理
  • 工程管理:プロジェクトに紐付くタスク管理・進捗管理・納期管理機能
  • 経費管理:立替精算・仮払経費・出張経費などの経費申請や精算を管理

上記に加え、人事・総務系文書の申請承認や顧客情報管理などの情報共有モジュールや、セキュリティオプションを必要に応じて付加できる仕組みです。

機能モジュール単位での導入が可能なため、導入目的を考慮し、自社に適したシステムを利用できます。

また、クラウドERP ZACは外部の財務会計システムやBIツール、給与計算システムとの緻密な連携が可能

すでに利用しているシステムと連携させ、不足した機能を補えるため、管理工数を削減しつつ経営状況の可視化を実現できます。

クラウドERP ZACの4つの魅力

クラウドERP ZACはさまざま機能を有し、システム統合による業務効率化を実現します。

中でも、下記4つの魅力が特徴的です。

  • プロジェクト収支をリアルタイムで可視化
  • 将来的な売上・利益を正確に予測
  • 間接業務の削減による業務効率化
  • クラウド提供でITコストを削減

本章では、クラウドERP ZACの魅力を詳しく紹介します。

魅力1.プロジェクト収支をリアルタイムで可視化

1つ目の魅力は、プロジェクトの収支を、リアルタイムで可視化できることです。

クラウドERP ZACは、複数の情報管理システムと紐付き、プロジェクトの仕入費・労務費・経費などの必要情報を取得

各プロジェクトの収支状況を、瞬時に可視化できます。

また、クラウドERP ZACでは、プロジェクトの稼働前後のみならず、進行中であっても収支の途中経過や着地予測を管理できます。

これにより、従来よりも改善サイクルを短縮でき、スピーディーな収支最適化を実現できるでしょう。

魅力2.将来の売上・利益を正確に予測

2つ目の魅力は、将来の売上・利益を正確に予測できることです。

売上・利益の予測を立てるには、前年の売上データや成長率、原価データなどさまざまな情報を集計しなければなりません。

仮にExcelを使って管理する場合、膨大な時間と労力がかかり、担当者への業務負担が大きくなりがちです。

また、入力ミスや計算ミスによる、信憑性の低下も懸念されます。

対して、クラウドERP ZACは、案件を見込・引合の段階から一元的に管理するため、集計コストや人為的ミスを大幅に削減できます。

さらに、売上・仕入・工数・経費の予定情報を入力することで、将来的な売上・利益を正確に予測できます。

魅力3.間接業務の削減による業務効率化

3つ目の魅力は、間接業務の削減により業務効率化を実現できることです。

クラウドERP ZACは、経理部門・営業部門・購買部門など各部門のフォーマット・入力データを一元的に管理します。

これにより、部門間の垣根を取り去り、円滑な情報フローを構築できます。

二重入力やデータ共有などのムダが削減され、より生産性の高い業務へ従事できるでしょう。

また、受注登録や請求書発行などの処理忘れを防止する、アラート機能も搭載

設定期間内に作業が遂行されない場合は、担当者のトップページへ警告が表示される仕組みです。

人為的ミスや業務上のムダを省き、業務効率化を実現させます。

魅力4.クラウド提供でITコストを削減

4つ目の魅力は、クラウド提供により低コストで導入・運用できることです。

クラウド型ERPは、ベンダー企業が提供するシステムを、インターネットを介して利用する形態です。

そのため導入に際して、サーバー・インフラ環境を構築する必要がありません

また、導入後の保守・メンテナンスもベンダー企業が請け負うため、導入企業は低コストで導入・運用できるのです。

ただ、オンプレミスのように、ローカルネットワークを使用する形態と比べると、セキュリティ面を不安視する意見も多く聞かれます。

クラウドERP ZACでは、定期的なセキュリティバージョンアップやシステム環境の監視、トラブル時のサポート対応など、企業の情報を保護するためのサポート体制を構築しています。

上記に加え、セキュリティオプションも用意されているため、高いレベルのセキュリティ対策を実現できるでしょう。

クラウドERP ZACの料金体系とは?

クラウドERP ZACの導入・運用にかかる料金は、主に下記の3項目です。

  • ライセンス費用
  • 導入支援費用
  • 保守費用

本章では、クラウドERP ZACの料金体系を紹介します。

価格体系1.ライセンス費用

ライセンス費用とは、クラウドERP ZACの運用時にかかる費用です。

一般的には、毎月固定の費用を支払う「月額ライセンス利用型」が主流ですが、クラウドERP ZACでは、導入時にまとめて支払う「一括ライセンス買取型」も用意されています。

両プランの違いは、下記の通りです。

  一括ライセンス買取型 月額ライセンス利用型
初期費用 ライセンス費用
導入支援費用
導入支援費用
月額費用 保守費用(データセンター利用料・システム保守費用) ライセンス費用
保守費用

参照:ZAC導入パターン|クラウドERP ZAC

ライセンス費用は、利用するユーザー数や追加する機能に応じて課金される仕組みです。

導入後にユーザー数や機能を追加できるため、スタートアップ企業〜中堅企業まで、要望に合わせたムダのないシステム導入が可能です。

価格体系2.導入支援費用

クラウドERP ZACでは、システムをスムーズに導入・稼働させるため、コンサルタントによるサポートサービスが受けられます。

この導入支援は、なんと基本料金が無料

別途オプションで、専任の担当チームを編成する場合や、プロジェクトマネージャーを招く場合に、費用が発生します。

導入支援オプションの費用は、利用する機能やプロジェクト体制によっても変動します。

そのため、具体的な金額が知りたい方は、ベンダー企業へ問い合わせると良いでしょう。

価格体系3.保守費用

保守費用は、クラウドERP ZACを利用する間、毎月発生する費用です。

主に下記の2つの費用で、構成されます。

  • ソフトウェア保守費用:ライセンス費用×1.5%/月
  • データセンター利用料:5万円〜/月

先述した一括ライセンス買取型で利用する場合は、ソフトウェア保守費用とデータセンター利用料の両方がかかります。

一方、月額ライセンス利用型の場合、データセンター利用料のみの支払いです。

クラウドERP ZACの導入事例と評判

クラウドERP ZACを導入した企業では、どのような効果が得られたのでしょうか。

  • 株式会社ペンシル:WEBコンサル事業
  • 株式会社DKホールディングス:イベント事業
  • 株式会社KRI :受託研究事業

上記3社の事例をもとに、クラウドERP ZACの評判を紹介します。

事例1.株式会社ペンシル

引用:株式会社ペンシル

株式会社ペンシルは、11期連続黒字・売上21億円越など、順調な成長を続けるWEBコンサル企業です。

創業時から業務管理を各部門の裁量に任せており、データ管理のズレに課題を感じていました。

たとえば、必要な情報を収集する際、複数のファイルを開いたり、担当者に直接確認したりと、多くの時間・手間がかかっていたのです。

また、売上管理では、前年度の数値をもとに大まかな予測を立てていましたが、事業の成長とともに予測精度が低下

従来の管理方法に限界を感じ、ERPシステムの導入を検討したそうです。

クラウドERP ZACの決め手となったのは、業務との高い適応度です。

業務プロセスの始まりから終わりまでを一貫して管理でき、業務工数の大幅削減を達成

また、売上予測の精度が向上し、より緻密な戦略を描けるようになったそうです。

参照:株式会社ペンシル ZAC導入事例|クラウドERP ZAC 

事例2.株式会社DKホールディングス

引用:株式会社DKホールディングス

株式会社DKホールディングスは、展示会やイベントのディスプレイ制作を手掛ける企業です。

街の看板屋からスタートした当社では、紙文書を主体とした管理業務を続けていました。

しかし、処理スピードや記入ミス、帳票データの不正確など多くの課題が顕在化

極め付けは、黒字を見込んでいた年、決済申告の期限間近に赤字が発覚する事態が発生したのです。

これを機に、管理業務を抜本的に見直し、クラウドERP ZACを導入しました。

導入効果を顕著に実感したのは、営業管理の円滑化です。

売上・仕入れ・粗利益などの数字が、リアルタイムに集約できたそうです。

また、人手業務を削減できたことで、帳票データの信憑制が向上

今では財務データが経営判断の基盤になるほど、頼れるものになったそうです。

参照:株式会社DKホールディングス ZAC導入事例|クラウドERP ZAC

事例3.株式会社KRI

引用:株式会社KRI

受託研究会社として、2,000社以上の研究を支援してきた株式会社KRI

民間の受託研究事業をおこなう当社では、プロジェクトの進捗管理に課題がありました。

複数の案件が並行する事業のため、どのような案件が何本稼働し、いくらで受注できているのかが管理しきれなかったそうです。

以前は、表計算ソフトで管理していましたが、多くの時間・手間がかかり、プロジェクトの実態をつかめなかったのです。

当社は、経営の安定化を実現するため、情報機密性の高いクラウドERP ZACの導入を検討。

クラウドERP ZACでは、営業段階の案件も管理でき、受注確率に応じたランク設定で、売上予測の高精度化を実現しました。

また、システム上で厳格な情報機密体制を構築でき、当社が求める情報管理にも十分に対応できたそうです。

参照:株式会社KRI ZAC導入事例|クラウドERP ZAC

クラウドERP ZACをご検討中の方へ

本記事では、クラウドERP ZACの魅力を、価格・導入事例とあわせて紹介しました。

クラウドERP ZACは社内のバックオフィス業務を一元管理し、業務効率化を実現します。

導入を検討される方は、定期開催されるセミナーなどへ参加してみてはいかがでしょうか。

また、バックオフィス業務のみならず、営業管理・生産管理・顧客管理など全基幹業務の統合をお考えの方には、弊社「チェンシージャパン株式会社」が提供するIFS Applicationsがおすすめです。

IFS Applicationsは、業種ごとのニーズに最適化された統合型のERPシステムです。

豊富な機能モジュールから必要機能のみを選択し、システムを構築できます。

チェンシージャパンでは、ERPシステムに関する無料相談も受け付けているため、業務効率化・DX推進をご検討中の方はお気軽にお問合せください。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG