製造管理と生産管理の違いとは?管理手法の在り方と今後の打開策

  • 2021年12月13日
  • ERP
ERP

製造業の生産現場には、製造管理や生産管理など様々な管理手法が存在します。

ただ、複数の管理手法が混雑しており、それぞれの違いが不明確になっているケースも多いでしょう。

本記事では、代表的な管理手法である製造管理・生産管理・品質管理の違いを紹介します。

管理手法の在り方・管理手法システム化とあわせてご覧ください。

生産管理・製造管理・品質管理の違いとは?

生産管理・製造管理・品質管理の違いは、管理対象と管理目的の2点。

本章では、各管理項目の概要と違いを解説します。

生産工程における3つの管理手法とは?

生産管理とは、設計から納品に至るまでの全生産工程が、計画通りに進むようコントロールすること。

企業によっては生産工程に受注を含む場合もありますが、いずれにせよ生産工程におけるQCD(品質・コスト・納期)の最適化を目的としています。

続いて製造管理は、生産工程の中の製造現場に着目した管理手法。

限りある製造リソースを効率的に活用し、現場業務を最適化することが目的です。

品質管理は、製造物の品質を検査・検証し、一定基準の品質を確保するための管理手法。

いつ・誰が業務をおこなっても、安定して良品が製造できる仕組みを目指します。

製造管理・生産管理・品質管理の棲み分け

生産管理・製造管理・品質管理を対象範囲別に示すと、下記の通り。

引用:生産管理と品質管理の関係性とは?製造管理との違いも解説|ITトレンド

生産管理は、3つの中で最も広義な管理項目

製造現場を含む設計・調達・納品など、様々な業務が管理対象です。

続く製造管理は、製造現場のみを対象とするため、生産管理に内包された管理項目といえます。

品質管理はさらに狭義で、製品の品質のみが対象。

したがって、製造管理・生産管理・品質管理の関係性は、「生産管理>製造管理>品質管理」と表されます。

製造業に求められる管理項目の在り方

昨今の製造業は、ニーズの多様化・製品サイクルの短期化を背景に、少品種大量生産から多品種少量生産への移り変わりが求められています。

ただ、多品種少量生産の促進に伴い、従来よりも生産工程が複雑化

従来のやり方では、QCD(品質・コスト・納期)を高めつつ、効率化を図ることが困難とされています。

だからこそ、現場業務を統括する製造管理・生産管理では、下記の5つが求められています。

  • 情報伝達の迅速化
  • 部門間の連携強化
  • 業務・市場データの収集と活用
  • 現場業務の可視化
  • ムダやミスの削減

しかし多くの企業では、既存のリソース・マンパワーの活用で上記を実現するのは、現実的に難しいはず。

そこで注目されているのが、各管理手法のシステム化(生産管理システム)なのです。

生産管理システムの導入がもたらす3つのメリット

生産管理システムの導入により製造業企業が享受できるメリットは、主に下記3つ。

  • 人材不足の解消
  • 多様化するニーズへの対応
  • QCDの最適化

各メリットを、順番に解説します。

メリット1.人材不足の解消

1つ目のメリットは、人材不足の解消です。

従来の製造現場では、手書き帳票やエクセル管理による入力データの重複・都度確認など、非効率な業務が多く見られます。

しかし、生産管理システムでは、バーコード・デバイスで入力したデータが即座に共有。

共有されたデータをもとに、資材所要量計画や仕入れ管理を自動作成してくれるため、業務負担を大幅に削減できます。

また、現場業務をデータ化することで、熟練技術者などに属人化していたノウハウ・スキルを人材育成へ反映可能。

従業員一人一人の生産性向上と業務負担の軽減により、人材不足の解消につながるでしょう。

メリット2.多様化するニーズへの対応

2つ目のメリットは、多様化するニーズへの対応です。

製造業が多様化するニーズへ対応するには、多品種少量生産への移行が求められます。

多品種少量生産の実現は、生産工程の複雑化、それに伴う生産管理・製造管理の負担増加を招く恐れがあります。

しかし、生産管理システムは生産工程全域をカバーしており、各管理業務の自動化・サポートを実現するシステム。

生産工程が枝分かれする多品種少量生産にも十分に対応し、生産業務の効率化を実現します。

メリット3.QCDの最適化

3つ目のメリットは、製造業の重要要素であるQCDの最適化

生産管理システムでは、生産工程・製造原価・製造リソースなど様々な要素を可視化でき、QCDの最適化を実現できます。

たとえば、不良率が高い製造工程では、ボトルネックを早期発見でき、防止策の策定が可能です。

また、製品ごとの原価率も可視化できるため、資材の仕入れ価格が高騰した場合即座に仕入れ先を見直し、被害を最小限にとどめられます。

このように、生産工程全域をデータとして可視化することで、QCDの最適化・生産効率の向上を実現できるでしょう。

生産管理システムの選定3つのポイント

自社に適したシステムを導入するには、下記3つのポイントを総合的に考慮し、選定することが大切です。

  • システムの適用範囲
  • 各業界・業種への適合性
  • 対応可能な生産方式

各ポイントを順に解説します。

ポイント1.システムの適応範囲

1つ目のポイントは、システムの適用範囲

需要計画、生産計画、調達計画、在庫管理、工程管理、原価管理などの標準機能は、どの生産管理システムにも搭載されていますが、その他の範囲は製品ごとに異なります。

たとえば、生産管理+販売管理や、ERPのように全基幹業務を網羅するシステムまで、適用範囲多岐にわたります。

幅広い機能を搭載するシステムはその分多額のコストがかかりますし、機能が少ない場合には、思うような成果が得られないでしょう。

したがって、あらかじめ、システムに求める必要機能・適用範囲を明確にしておくことが大切です。

ポイント2.各業界・業種への適合性

2つ目のポイントは、各業界・業種への適合性

中には、自動車部品製造向けや金属加工業向けなど、特定の業種に特化したシステムが存在します。

こうしたシステムは、業務テンプレート・業種独自の機能を搭載しているため、異業種企業が導入した場合、システムの性能を最大限に活用できない恐れがあります。

対して、自社の業界・業種に対応した製品であれば、複雑な業務プロセスへの対応や求める機能が網羅されている可能性が高いため、導入後に拡張費用がかさむ心配もないでしょう。

餅は餅屋という言葉があるように、生産管理システムも自社の業界・業種に対応した製品を選ぶことが大切です。

ポイント3.対応可能な生産方式

3つ目のポイントは、対応可能な生産方式

製造業の生産方式には、見込生産・受注生産・連続生産・ロット生産など様々な生産方式が存在します。

生産管理システムを導入する際には、自社の生産方式に対応したシステムを選定することで、業務への適合性が高く高い導入効果を実感できるでしょう。

また、受注生産と見込生産など複数の生産方式が混雑している場合、複数の生産方式に対応できるシステムを、多品種少量生産の場合には、複雑な生産工程に対応できるシステムが適しています。

システムの性能を最大限活用するためには、対応する生産方式で選ぶとよいでしょう。

企業規模別、おすすめ生産管理システム5選

導入する企業規模別に、おすすめの生産管理システムを紹介します。

  • Factory-ONE 電脳工場
  • スマートF
  • IFS applications
  • Oracle NetSuite
  • Infor SyteLine

それぞれの特徴と機能面を解説します。

Factory-ONE 電脳工場 SF:小規模事業者〜中小企業

Factory-ONE 電脳工場 SF」は、早い・低価格・使いやすいを追求したクラウド型サービス。

繰返生産と個別受注、混在型のハイブリッド生産にも対応しており、小規模事業者〜中小企業の生産管理をサポートします。

また、生産管理以外に請求書発行・売掛金・入金管理などの販売管理機能も搭載しています。

Factory-ONE 電脳工場 SFには上位システムが複数存在しており、企業の成長に合わせてシステムの移行も可能。

まずはスモールスタートで導入したい方に、おすすめな生産管理システムです。

スマートF:小規模事業者〜中小企業

スマートF」は、下記5つのモジュールから必要な機能のみを選んで導入できるシステム。

  • 原価進捗モジュール
  • 在庫発注モジュール
  • 生産計画モジュール
  • 品質管理モジュール
  • 受注出荷モジュール

最短即日でスマートFを試せる無料トライアルも用意。

徹底的した導入ハードルの低さが何よりの魅力です。

また、エクセル・手書き業務を省き、多くの無駄・ミス・属人的業務を解消。

すでにシステムを導入しており、部分的な最適化を実現したい方におすすめです。

IFS applications:中小企業以上

IFS Applications」は、機能面評価世界1位に認定された製造業特化型ERPシステム。

過度なカスタマイズ・拡張をせずとも、各企業の複雑な生産工程へ柔軟に対応し、業務の最適化を実現します。

たとえば、組み込み型のコンフィギュレータ機能による、顧客の要望に合わせた製品のカスタマイズなど。

複数の部品表を用意する必要がなく、マスカスタマイゼーション実現をサポートしてくれます。

また、必要機能のみを組み合わせて導入できる、コンポーネント型を採用しているため、コスト面・機能面に無駄のないシステムを導入できます。

Oracle NetSuite:中小企業以上

Oracle NetSuiteは、世界的に高い評価を受けるOracle社製のERPシステム。

生産管理機能では、販売注文や作業命令処理、スケジュール管理、受注処理や製品原価計算など、各プロセスをリアルタイムに可視化でき、正確かつ迅速な経営判断を実現します。

CRM、Eコマース、マーケティング自動化、プロフェッショナルサービスオートメーションなど網羅的な機能を搭載。

また、19言語と190種類以上の通貨に対応しており、海外進出を検討している企業に適したシステムです。

Infor SyteLine:中小企業以上

Infor SyteLineは、中規模組立製造業向けのERPシステム。

生産管理以外の人事・会計・販売・物流などさまざまな基幹業務に対応する機能が搭載されています。

ガートナー社から、Oracle、Microsoftと並ぶリーダーに認定されるなど、高い信頼性を誇ります。

見込生産・受注組立生産・受注生産・個別受注生産など、混同型の生産形態にも対応。

30年以上にわたり製造業をサポートしてきた経験が組み込まれているため、組立型製造業特有の様々な課題を解決できるでしょう。

生産管理(品質・製造管理)のシステム化を検討中の方へ

この記事では、製造管理・生産管理・品質管理の違いと生産管理システムを解説しました。

生産管理・製造管理・品質管理の違いは、管理対象と管理目的の2点。

多品種少量生産への移り変わりが求められる製造業企業では、生産管理・製造管理のシステム化が欠かせません。

チェンシージャパン株式会社は、システムの導入のご相談から導入後の保守に至るまで、会社のフェーズに合わせたサポートをおこなっています。

生産管理のシステム化をご検討中の方は、お気軽にお問合せください。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG