製造業が抱える在庫管理の課題!最適化のポイントとシステム導入の障害

  • 2021年12月21日
  • ERP
ERP

自社の在庫管理に課題を抱える製造業企業は多いはず。

ただ、取り組むべき課題が広域にわたり、「何から手をつければよいのか・いかにして課題を解決すればよいか」とお悩みではないでしょうか。

本記事では、製造業が抱える在庫管理の課題と解決方法をお伝えした上で、在庫管理を最適化する上でのポイントを紹介します。

製造業の在庫管理とは?

まず、製造業における在庫は提供を控えた完成品のみならず、企業内に存在する素材・仕掛品・完成品の3つを指します。

その上で製造業の在庫管理とは、在庫を生産・販売などの活動に照らし合わせ、最適な状態・量で供給できるよう調節することです。

では、製造業企業が目指すべき在庫管理の姿とは、一体どのようなものなのでしょうか。

製造業における在庫管理の目的

製造業における在庫管理の主目的は、必要なモノを必要な時に必要なだけ供給できるよう、適正在庫を維持することです。

適正在庫は欠品を出さない最小限の在庫数のことで、在庫管理の基準として用いられます。

在庫管理により適正在庫管理を維持することで、下記の効果が期待できます。

  • 機会損失の防止
  • 顧客満足度の向上
  • 余剰在庫削減に伴うコスト削減
  • キャッシュフローの円滑化
  • 経年劣化による品質低下の防止

一方、適正在庫を維持できず余剰在庫や欠品が生じる場合、上記がリスクとして顕在化し、経営を圧迫する恐れがあります。

たとえば、機会損失による売上の低下やキャッシュフロー悪化による資金ショートなどです。

したがって、製造業の在庫管理は適正在庫の維持を主目的としており、なおかつ企業経営を支える重要な役割を担っています。

多くの製造業企業が抱える在庫管理の3つの課題

多くの製造業企業が抱える在庫管理の課題は、下記の3つが挙げられます。

  • 人手業務による在庫の管理ミス
  • 在庫管理の複雑化
  • 在庫管理リスクの顕在化

上記3つの課題を、順に紹介します。

課題1.人手業務による在庫の管理ミス

1つ目の課題は、人手業務により在庫の管理ミスが生じること

在庫管理をエクセルや紙でおこなう場合、入力ミスやチェックミスなどのヒューマンエラーが考えられます。

これにより、データ上の在庫数と実在庫数が異なり、在庫管理表の信憑性低下や余剰在庫・在庫の欠品につながります。

また、在庫管理でのミスは後工程にあたる製造・販売に影響を及ぼすため、製造業務の遅延や納期の遅れなどさまざまな弊害を引き起こしかねません。

ただし、人手で在庫管理をおこうなう以上、ヒューマンエラーを100%防止することは実質的に不可能。

したがって、在庫管理業務にシステム・通貨センサーなどを導入し、人手業務自体を削減するのが有効でしょう。

課題2.在庫管理の複雑化

2つ目の課題は、在庫管理の複雑化です。

在庫の部品数・品目数が増加するたびに管理業務やルールが継ぎ足され、在庫管理の複雑化につながります。

複雑化した業務は、一部の従業員へ属人化し不在時に業務を遂行できなかったり、担当者ごとに管理方法が異なったりするなど、現場の混乱を招く恐れがあります。

在庫管理が複雑化する主な原因は、現場に在庫管理を委ね、業務・ルールの標準化がおこなわれていないため。

したがって、在庫管理が複雑化する前に、業務・ルールの標準化および全体への共有が大切です。

また、ルールを規定した場合は書式化・データ化し、現場の全関係者に共有しやすい仕組みを構築するとよいでしょう。

課題3.在庫リスクの顕在化

3つ目の課題は、下記6つの在庫リスクが顕在化することです。

  • 管理コストの増加
  • 顧客満足度の低下
  • 経年劣化による品質低下
  • 税金の増加
  • キャッシュフローの悪化
  • 納品リードタイムの長期化

先述の通り、在庫管理を適切におこなわない場合、余剰在庫や欠品が生じてさまざまな問題を引き起こします。

いずれも直近の企業経営を揺るがすリスクではないものの、長期化すると企業経営の大きな障害となるでしょう。

したがって、現状在庫を適切に管理できていない場合には、長期的な視野を持ち、在庫管理の最適化に着手することが重要です。

製造業企業が適切な在庫管理を実現するための3つのポイント

在庫管理の最適化を実現するにあたり、下記3つのポイントを意識することが大切です。

  • 適正在庫数の設定&修正
  • 在庫を可視化する
  • 全業務プロセスを俯瞰して検討する

各ポイントを順に紹介します。

ポイント1.適正在庫数の設定&修正

1つ目のポイントは、適正在庫数の設定&修正です。

適正在庫は過去の販売実績や在庫の回転率を分析し、市場需要・季節の変化を考慮して設定されるのが一般的。

ただ、需要・季節の変化にあわせて適正在庫数も変動するため、都度適切な在庫量へ修正&再設定する必要があります。

適正在庫数の算出方法には、安全在庫+サイクル在庫や交叉比率などさまざまな方法があり、同社内であっても部門ごとに異なるケースがあります。

したがって経営トップが全社を俯瞰して設定し、トップダウンで各部門に共有することが有効です。

適正在庫数を社内で統一することで、各部門が共通認識のもと在庫管理に取り組めるでしょう。

ポイント2.在庫状況を可視化する

2つ目のポイントは、在庫状況を可視化すること

在庫状況を可視化することで、「どこに・何が・どれだけある」のかを瞬時に把握でき、管理効率の向上が期待できます。

また、可視化したデータを製造・販売・調達など各部門に共有することで、過剰在庫・欠品を防止でき、適正在庫の維持につながるでしょう。

まずは、これまで記録した在庫情報や入庫履歴をもとに各データを可視化するのがおすすめです。

ただし、エクセルなどを用いた図式化では手間がかかり、かえって業務効率を阻害する可能性があります。

そのため、在庫管理システムを活用し、リアルタイムにデータを可視化できる仕組みを構築するとよいでしょう。

ポイント3.全業務プロセスを俯瞰して検討する

3つ目のポイントは、全業務プロセスを俯瞰して在庫管理の最適化を進めることです。

製造業は小売業や流通業などと異なり、在庫管理の対象が調達・生産・加工・販売など全業務に及びます

仮に在庫管理のみを最適化しても、販売管理が疎かな場合需要予測を誤り、結果的に在庫管理にも影響が及ぶ恐れがあります。

したがって在庫管理の最適化では、関連する調達・生産・加工・販売の全業務プロセスを俯瞰し、整合性のとれた全社的な改革が求められます。

在庫管理システムの導入で期待できる3つのメリット

在庫管理の最適化を目指す上で、在庫管理システムの導入を検討する方も多いはず。

在庫管理システムとは、自社の在庫状況をリアルタイムで管理するシステムで、適正在庫の維持に効果的なソリューションです。

在庫管理システムの導入で期待できるメリットは、下記の3つが挙げられます。

  • 在庫状況をリアルタイムに可視化できる
  • ヒューマンエラーの防止
  • 在庫管理業務の負担軽減

上記3つのメリットを順に紹介します。

メリット1.在庫状況をリアルタイムに可視化できる

1つ目のメリットは、在庫状況をリアルタイムに可視化できることです。

在庫状況を人手で可視化する場合、手間や時間がかかる上に、可視化した情報と実在庫にタイムラグが生じるでしょう。

しかし、在庫管理システムは必要な情報をピックアップしてリアルタイムに可視化できるため、在庫状況を迅速かつ多角的に把握できます。

さらに、在庫状況のリアルタイムな可視化により、下記の効果が期待できます。

  • ボトルネックの早期発見
  • 効果的なデータ活用の実現
  • 在庫保管効率の向上
  • 適正在庫の維持

在庫管理システムの導入により、製造業企業が抱える多くの課題を一様に解決できるかもしれません。

メリット2.ヒューマンエラーの防止

2つ目のメリットはヒューマンエラーの防止につながること。

在庫管理システムは在庫の入荷から出荷までをシームレスに管理します。

一度システムにデータを入力すると他部門への共有やトレース機能などにより、その後ほとんど人手を必要としません

紙やExcelを中心とした在庫管理よりも人手業務を削減でき、ヒューマンエラーを防止できるでしょう。

メリット3.在庫管理業務の負担軽減

3つ目のメリットは、在庫管理業務の負担軽減です。

先述のとおり、在庫管理システムの導入により、従来おこなっていた人手業務を大幅に削減できます。

たとえば、入力データの共有による部門間での二重入力削減やハンディターミナルを活用した棚卸し業務で作業時間の短縮などが可能。

人手業務を大幅に削減できるため、業務の効率化や人員の削減を実現できるでしょう。

在庫管理システムの導入でよくある失敗と解決策

導入企業の中にはシステム導入に失敗し、思うような成果を得られていない企業も存在します。

本章では、在庫管理システムの導入で発生しがちな3つの失敗と解決策を解説します。

  • 導入後にシステムが使われない
  • 既存システム・既存業務との不適合
  • 導入計画を立てておらず業務に支障をきたす

失敗の原因を把握し、システム導入時の参考にしましょう。

導入後にシステムが使われない

1つ目の失敗は、システムが現場へ浸透せず、導入後に使われないケースです。

この失敗が起きる主な要因は、システム選定・導入計画の策定段階での不備によるもの

たとえば、システム選定時に現場の意見を取り入れていなかったり、システムの運用方法をあらかじめ設定していなかったりなどです。

この場合、現場が求めるシステムとかけ離れたものを導入し、反発や業務効率の阻害につながります。

したがって、在庫管理システムの選定・導入時には現場の意見を取り入れ、なおかつ導入後の運用方法の共有・マニュアル整備なども同時におこなうとよいでしょう。

既存システム・既存業務との不適合

2つ目の失敗は、既存システム・既存業務との不適合です。

在庫管理システムは実際の業務と同様、生産管理システムや製造管理システム、販売管理システムなど他部門のシステムとの連携が重要です。

しかし、既存のシステムと適合率が低い場合、データ共有時に人手で修正・チェックが必要になるなど、無駄な業務が生じる恐れがあるため、注意が必要です。

また、自社の管理形態との適合率が低い場合も、システムを拡張するか既存業務をシステムへ合わせる必要があるため、効率的ではないでしょう。

したがって、在庫管理システムを選定する際は、既存業務・既存システムとの連携にも配慮し進めることがおすすめです。

自社にシステムの有識者が在籍していない場合には、導入前の相談段階から手厚くフォローしてくれるベンダーを選びましょう。

計画を立てておらず業務に支障をきたす

3つ目の失敗は導入計画を策定せず、システム導入により既存業務へ支障をきたすケース

いかなるプロジェクトも、計画を立てずに進めると失敗する可能性が高いでしょう。

システム導入も同様、テスト運用や移行期間などの導入計画を策定せずにシステムを取り入れると、トラブルやミスにつながります。

また、在庫管理システムは製造業の要でもある在庫を取り扱うため、現場の混乱により生産工程全域に支障をきたす恐れもあり。

在庫管理システムの導入事は導入計画を策定し、現場の負担にならないよう段階的に進めるとよいでしょう。

在庫管理の最適化を目指す製造業の方へ

本記事では、製造業が抱える在庫管理の課題と解決方法を紹介しました。

製造業企業が在庫管理の最適化を目指す際は、下記のポイントを押さえた改革が大切です。

  • 適正在庫数の設定&修正
  • 在庫を可視化する
  • 全業務プロセスを俯瞰して検討する

また、管理業務の最適化を目指すのであれば、在庫管理システムを検討するとよいでしょう。

チェンシージャパン株式会社は製造業を中心に、管理業務の最適化に向けたソリューションとしてIFS Applicationsを提供しています。

システムの相談から構築・導入までをサポートしているため、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG