製造業のヒューマンエラー対策とは?原因からわかる解決策を解説

製造業のヒューマンエラー減少対策は、ITの推進が手段のひとつ。

先端技術によって製造業の様々な業務をサポートすると社員の負担が減り、結果的にヒューマンエラーの減少につながるためです。

今回は、製造業で発生するヒューマンエラー対策についてお伝えします。

ヒューマンエラー対策の最先端についても、あわせてご参考ください。

製造業のヒューマンエラーとは?

ヒューマンエラーとは「すべきこと」に対して「していなかった・してはいけないことをした」です。

ヒューマンエラーは以下の2つに分類されます。

  • 意図して起こるヒューマンエラー:作業を省略する・必要な連絡をしないなど、意図的な行動によって引き起こされるヒューマンエラー
  • 意図せず起こるヒューマンエラー:見落とし・作業忘れなど、意図的な行動以外によって引き起こされるヒューマンエラー

意図して起こるヒューマンエラーは仕事に対する慣れ・疲労の蓄積などが主な原因です。

対して、意図せず起こるヒューマンエラーは聞き間違い・勘違い・判断ミス・連携ミスなどが原因になります。

いずれの場合でも、溶剤が目に入り角膜炎を引き起こした・爆発を伴う火災を引き起こしたなど、重大な事故につながりかねません。

製造業で発生するヒューマンエラーの、より詳しい原因を考えながら、的確に対策を講じる必要があります。

製造業のヒューマンエラーはなぜおこる?

製造業のヒューマンエラーが発生する主な原因は以下5つあります。

  1. 慢心や思い込み
  2. 情報伝達ミス
  3. 育成・訓練不足
  4. 会社の気質
  5. 単独での安全確認

ヒューマンエラーの原因を具体的に解説します。

製造業ヒューマンエラーの原因1.慢心や思い込み

慢心や思い込みによるヒューマンエラーはベテラン社員に多く見られます。

製造業では受注した製品の製造が終了するまでは、基本的に同じ工程です。

大きなミスにはつながりにくいように思えますが「慣れほど怖いものはない」という言葉がある通り、繰り返して慣れた作業には思わぬ見落としから事故につながるケースも。

例えば、溶剤を使用して掃除をしているとします。

溶剤をモップにつけ、溶剤の入ったボトルを床に置いたところ、溶剤ボトルについていたノズルの先端から溶剤が飛び散って目に入りました。

命には別状がなかったものの、溶剤が目に入れば失明リスクがあります。

ゴーグルやフェイスマスクを正しく着用していれば防止できたケースです。

「これくらい、いつものこと」という作業に対する慣れがヒューマンエラーを引き起こします。

製造業ヒューマンエラーの原因2.情報伝達ミス

情報伝達ミスによるヒューマンエラーは、新たな製品製造を開始する際に多く見られます。

生産計画の内容を伝達する際に、情報を伝え忘れる・情報を聞き漏らすなどのミスが発生します。

工程の聞き間違いによって、不良品が製造されたり、製造に大きな遅れが生じたりするリスクを含むミスです。

情報伝達ミスによるヒューマンエラーには、情報伝達方法を統一していないという背景も想定できます。

担当者任せにするのではなく、マニュアルを配備して、確実かつわかりやすい情報伝達を行いましょう。

製造業ヒューマンエラーの原因3.育成・訓練不足

慢性的な人材不足を背景に、新人社員の教育が行き届かないケースがあります。

製造業にとっては一定以上の品質を保って製造を続けなければなりません。

しかし、教育が行き届かなければ、製造スタッフは「一定品質以上の製品の完成」ではなく「製品の完成」がゴールになってしまうでしょう。

人材不足の中で教育環境の整備ができない場合は、業務を見直したうえで、何らかの方法をもって業務効率を向上させる必要があります。

製造業ヒューマンエラーの原因4.会社の気質

現場を管理する上司によるプレッシャーは、現場スタッフの作業負荷を増大させる結果を招くリスクがあります。

例えば始業時間に3分遅れて到着した現場スタッフがいたとしましょう。

社会人として、連絡もなく遅刻するのは大きなルール違反です。

しかし、頭ごなしに怒鳴り散らすのは効果的ではありません。

現場スタッフには「怒られた」という記憶ばかりが残り、再発防止策を考える余裕がなくなってしまいます。

製造ライン上のミスでも同様です。

しっかりと話を聞き、失敗に対する原因と対策を考えさせてくれる、会社としての気質を大切にする必要があります。

製造業ヒューマンエラーの原因5.単独の安全確認

単独での安全確認は、ミスの見落としが増える原因の1つと言われます。

しかし単純に複数人でダブルチェックする体制を作るのは良くありません。

複数人でのダブルチェックは、互いに「誰かが見落としなくチェックしてくれる」という気持ちから、ミスやトラブルを見落としがちです。

より確実な方法については、製造業ヒューマンエラー対策1.KY活動の実施にて後述します。

製造業のヒューマンエラー、5つの対策

気を付けても気を付けてもなかなか減らないヒューマンエラー。

ヒューマンエラーに有効な対策を紹介します。

ヒューマンエラーで頭を抱えている方は、ぜひ参考になさってください。

製造業ヒューマンエラー対策1.KY活動の実施

KY活動(危険予知活動)は、日々の作業手順に隠れている不安全状態や不安全行動を明らかにして、作業者自身が対策を考えて実行するのが目的です。

推奨されている活動の1つとして、指差し確認があります。

指差し確認によるメリットは以下の通りです。

  • 確認対象を正しく視認できる
  • 焦りによる確認不足を防止できる
  • 意識を確認対象に集中できる
  • エラーに気付きやすくなる
  • 的確な情報判断ができる

日頃から指差し確認を浸透させられるよう、指差し確認を励行する張り紙の設置や声がけなどを心がけましょう。

製造業ヒューマンエラー対策2.人材を育てる環境づくり

業務量にあわせて派遣労働者を雇うシーンが多い中、作業や工程のマニュアル化は必須とも言えます。

マニュアルは人材育成の手間を最小限に抑えながら、確実に正しい手順や知識を教えられるためです。

製造スタッフの技術を向上させ、作業全体の効率化を目指しましょう。

マニュアル化・平準化の意味や方法について、より詳しく知りたい方は下記記事をご参考ください。

IFS LABO blog by CHENGSI Japan

足りない人手を割いて行う業務プロセス標準化。しかしコストと手間をかけても、失敗しては元も子もありません。成功のためには、…

製造業ヒューマンエラー対策3.コミュニケーション活発化

管理者が正しい行動をとれば、製造現場のコミュニケーションが活発化します。

管理者は、コミュニケーションの基本であるあいさつをはじめ、こまめな製造スタッフへの声がけを繰り返しましょう。

ちょっとした疑問や不安を抱えている製造スタッフの話には、しっかり耳を傾けてください。

製造スタッフの疑問や不安に耳を傾け続けるうち、自然にコミュニケーションが活発になります。

製造業ヒューマンエラー対策4.作業環境の整備

整理・整頓・清掃・清潔・しつけを意味する5Sによって作業環境を整備しましょう。

「5S活動は製造業に十分浸透している」と思わず、今一度見直してみるのが大切です。

5S活動を繰り返すうちに「何となく」で掃除されている可能性もあります。

掃除は基本中の基本ですが、機械の故障リスク軽減・メンテナンス効率アップなど、大きなメリットをもたらします。

5S活動による作業環境の整備は、工場全体の作業効率化に期待できる活動です。

製造業ヒューマンエラー対策5.確認のクセをつける

製品の納期が迫っていても、作業中の確認は怠ってはいけません。

しかし、現場スタッフは納期に追われて焦ってしまいがちです。

忙しい時こそ、管理者が製造現場を回り、製造スタッフに対して異常やミスがないかを確認するようにしましょう。

「忙しい時こそ確認を確実に」と声がけを繰り返せば、製造スタッフにも浸透してヒューマンエラー減少効果に期待できます。

製造業のヒューマンエラー対策の今、最先端のポカヨケはERP?

ポカヨケとは、製造ラインに設置される作業ミスを物理的に防止する仕組みや装置です。

基幹システムERPは、物理的に作業ミスを防止できるわけではありませんが、ヒューマンエラー対策として有効な面があります。

ERPがヒューマンエラーに与える影響を解説します。

ERPによる効率化で製造業ヒューマンエラーを減少

ERPは各部署をパイプでつなぎ、情報を一元管理できる基幹システムです。

必要な情報は、必要な時にスムーズに取り出せます。

書類が積み込まれた段ボールを開け続ける手間は必要ありません。

情報を探す時間が少なくなれば、主幹業務に専念できる時間が増えます。

ERP活用によって業務全体が効率化し、マニュアルの整備に費やす時間ができて、ヒューマンエラーに有効です。

ERPによる作業環境整備で製造業ヒューマンエラーを減少

ERPは工場の可視化も可能です。

どこかで不具合が発生していないか、作業に時間がかかっている製造スタッフがいないかなどの情報が一目瞭然。

作業環境が整えやすくなり、ヒューマンエラーは減少するでしょう。

ERPは、これまで見えていなかったモノを確認でき、より安全な製造現場を目指せるIT技術です。

ERPはヒューマンエラーと同時に競争力が身に付く

ニーズが多様化する現代において、製造業には柔軟な対応力が求められています。

ERPを活用すると、生産計画・工程計画などの策定がスムーズになり、突発的に受注した製品への対応も速やかに。

結果的に競争力が身に付き、企業としても成長できるでしょう。

製造業のヒューマンエラー対策にお悩みの方へ

本記事でお伝えしたポイントは、以下3つです。

  1. ヒューマンエラーの原因と対策
  2. 最先端のポカヨケはERP
  3. ERPは企業としての競争力も身に付く

ヒューマンエラーの根絶は不可能に近いかもしれませんが、限りなくゼロに近付けるのは可能です。

部門ごとに独立していて使い勝手の悪いシステムで、非効率的な業務を余儀なくされている企業の方は、ERPの導入をぜひご検討ください。

チェンシージャパン株式会社では、中小企業向けのERPを取り扱っております。

ご予算や開発期間などお客様にあわせた対応のほか、導入までに使い方を丁寧にレクチャーさせていただきます。

これにより、自社で解決可能なことが増え、導入後のコスト軽減にもつながります。

製造業ならではのお悩みを、ぜひお問い合わせでお聞かせください。

最適なソリューションを提供致します。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG