【業種別】おすすめ原価管理システム8選!メリット・選び方も解説

ERP

原価管理の効率化・高精度化を実現する「原価管理システム」。

数多くの製品があるため、導入するシステムを決めかねている方も多いでしょう。

本記事では、製造業・建築業向けのおすすめ原価管理システムを8つ厳選し紹介します。

導入メリットや選定方法とあわせてご参考ください。

原価管理システムとは?

原価管理システムとは、原価計算や収支予測、高度な差異分析機能を搭載したシステムです。

企業が利益を伸ばし続けるには、売上を伸ばすだけでなく、原価を正確に把握し、削減しなければなりません。

しかし、原価は社会情勢や各国の経済状況などによっても変動するもの

原価の集計や計算、シミュレーションを人手でおこなうには膨大な時間と労力を要するでしょう

こうした原価管理の手間を自動化し、より高精度な予測、計算を実現するのが、原価管理システムです。

原価管理システムの基本機能・メリット

原価管理システムにはどのような機能が搭載されており、どんなメリットをもたらしてくれるのでしょうか。

本章では、下記4つの基本機能とそれぞれの活用メリットを紹介します。

  • 原価計算機能
  • 原価差異析機能
  • 損益計算機能
  • 原価シミュレーション機能

原価管理システムの導入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

原価計算機能

原価計算機能とは、商品の製造にかかった仕入れ費用や人件費などを入力すると、自動的に製造原価・売上原価を計算してくれる機能です。

原価には、基準となる標準原価や実際に発生した実際原価など、さまざまな種類が存在。

また、用途や計算方法も異なるため、人手で算出するには多くの手間がかかります

その点、原価管理システムを利用すると、必要データを入力するだけで自動的に原価を計算してくれるため、管理工数の削減が期待できます。

原価差異析機能

原価管理では、先述した標準原価と実際原価を比較し、改善点を洗い出します。

この時役立つのが、原価差異分析機能です。

標準原価と実際原価を、原材料費差異や直接労務費差異などの項目ごとに出力

原価データを多角的に分析できるため、効果的な改善策を打ち出せるでしょう。

損益計算機能

損益計算機能は、原価計算機能と併用されるケースが一般的です。

たとえば、上半期の原価計算をもとに、製品のサイクルコストを把握。

これをもとに、限界利益や収益性を判断できます。

損益計算では、多くの要素が複雑に絡みあっているため、担当者の力量によって算出結果が異なる場合もあります。

その点、原価管理システムを活用すれば、複雑な計算にも対応できるため、精度の高い予算編成が実現できます。

原価シミュレーション機能

原価シミュレーション機能は、過去の原価データをもとに、仕入れ価格や人件費などの変動をシミュレーションする機能です。

原価は常に一定で推移するわけではなく、外部要因によって変動するリスクがあります。

仮に原価が高騰した場合、販売価格を変更しなければ、会社の損失につながる恐れがあります。

こうした将来的なリスクを予測し、万全の体制を整えるために欠かせない機能です。

【製造業向け】おすすめ原価管理システムを比較

原価管理システムには、低コストで導入できるものや特定業種に特化したものまで、数多くの製品が存在。

本章では、製造業企業向けのおすすめ原価管理システムを4つ紹介します。

【製造業向け】4種類の原価管理ツールを比較
システム名 提供形態 価格 デモンストレーション
J-CCOREs オンプレミス型・クラウド型 実際原価計算の導入:1,500万円〜
AMMIC/NetC 要問い合わせ
Future Stage オンプレミス型・クラウド型 要問い合わせ
スマートF クラウド型 月額3万5千円〜
初期費用30万円〜

※無料トライアル完備

 

原価管理システム1.J-CCOREs

引用:J-CCOREs

提供会社 JFEシステムズ株式会社
提供形態 オンプレミス型・クラウド型
価格

実際原価計算の導入:1,500万円〜

デモンストレーション あり
対応業種 鉄鋼・非鉄金属・化学・半導体製造業
  • 複雑な製造業務にも対応した原価管理システム
  • ころがし計算を採用し、製造工程や品目構成の変更にも素早く対応
  • データの任意セグメントにより、多角的な分析を実現
  • 最短4ヶ月で導入が可能

原価管理システム2.AMMIC/NetC

引用:AMMIC/NetC

提供会社 株式会社アミック
提供形態
価格 要問い合わせ
デモンストレーション あり
対応業種 医薬・化学・食品・消費材・組立加工
  • 6種の原価管理機能を搭載し、生産性向上と原価低減を実現
  • 外部インターフェース機能により、PDM・PDA・スケジューラ・MES・会計管理システム・WMSと連携可能
  • 日本語・中国語・英語に対応しており、アジア圏での導入実績も豊富
  • 入門コース・基本コース・活用コースなど、段階別のトレーニングコースを用意

原価管理システム3.FutureStage

引用:FutureStage

提供会社 株式会社日立システムズ
提供形態 オンプレミス型・クラウド型
価格 要問い合わせ
デモンストレーション あり
対応業種 製造業・卸売業・小売業に特化
  • 製造業に必要な原価管理・生産管理・販売管理・購買管理をシームレスに管理
  • 累計導入実績4,000システム以上(2016年3月時点)
  • 標準実際再管理機能・製番別原価計算・経費配賦計算など、製造業特有の複雑な計算にも対応
  • 6種類のシミュレーション機能により、あらゆるリスクを想定

原価管理システム4.スマートF

引用:スマートF

提供会社 株式会社ネクスタ
提供形態 クラウド型
価格 月額3万5千円〜
初期費用30万円〜
デモンストレーション

あり
※無料トライアル完備

対応業種
  • 在庫管理・製造管理・品質管理・受注管理にも対応した生産管理システム
  • 必要モジュールのみを選択でき、無駄の無いスモールスタートが可能
  • 1ヶ月間の無料トライアルが完備

【建築業向け】4つのおすすめ原価管理システムを比較

続いて、建築業企業向けのおすすめ原価管理システムを比較

それぞれの特徴を紹介します。

【建築業向け】4種類の原価管理ツールを比較
システム名 提供形態 価格 デモンストレーション
e2-movE クラウド型 要問い合わせ
どっと原価NEO 1~5ユーザー:240,000円/年間
レッツ原価管理Go2 オンプレミス型・クラウド型 製品価格2クライアント:1,100,000円
別途年間保守:55,000円/年

※無料トライアル完備
Const クラウド型 要問い合わせ

 

原価管理システム1.e2-movE

引用:e2movE

提供会社 三谷商事株式会社
提供形態 クラウド型
価格 要問い合わせ
デモンストレーション あり
対応業種 総合建設業・浄化槽管理事業・廃棄物処理事業・資源再生事業
  • 全国400社以上の導入実績から得たノウハウをフィードバック
  • 材料や外注委託先への発注業務を管理し、原価管理へとデータを共有
  • 物販と工事、トータルでの実績が一目瞭然

原価管理システム2.どっと原価NEO

引用:どっと原価  NEO

提供会社 株式会社建設ドットウェブ
提供形態 オンプレミス型・クラウド型
価格 1~5ユーザー:240,000円/年間
デモンストレーション あり
対応業種
  • 導入実績業界No.1のシステム
  • 会計管理・勤怠管理・予算管理にも対応
  • ヒト・モノ・カネを動きを1つのシステムで丸ごと管理
  • 必要機能はオプション選択式のため、最適なシステムを導入可能
  • 導入~運用後まで専任担当者が丁寧にサポート

原価管理システム3.レッツ原価管理Go2

引用:レッツ原価管理Go2

提供会社 株式会社レッツ
提供形態 オンプレミス型・クラウド型
価格 製品価格2クライアント:1,100,000円
別途年間保守:55,000円/年
デモンストレーション あり
※無料トライアル完備
対応業種 土木工事業・舗装工事業・造園工事業・仮設工事業・空調設備工事業・電気工事業
  • IT初心者でも扱いやすいシンプルなUI設計
  • 万全のサポート体制で導入〜運用をサポート
  • 見積もり・仕入・支払伝票・発注書など、一度の入力作業でデータが自動連携
  • 45日間の無料トライアルで使用感を確認できる

原価管理システム4.Const

引用:Const

提供会社 株式会社ブラックハンド
提供形態 クラウド型
価格 要問い合わせ
デモンストレーション あり
対応業種 土木・建築・港湾・浚渫・護岸・ガス・舗装・造園・内装・鳶・電気
  • 請求書管理から資金繰り・工事原価の把握が可能
  • 見積から実行予算・発注書・請求書受領・工程管理・請求書発行、会計に至るまでシームレスにカバー
  • Officeと共通のUIを採用。Excelのような操作性を実現

原価管理システムの選び方

自社に適した原価管理システムを導入するには、下記3つのポイントを押さえることが大切です。

  • 原価管理以外の機能が備わっているか
  • 自社に適した提供形態か
  • 外部ツールとの連携が可能か

上記3つのポイントを、順に紹介します。

選び方1.原価管理以外の機能が備わっているか

原価管理システムの中には、先述した基本機能のみならず、会計管理・在庫管理・勤怠管理などにも対応した製品があります

システムの導入で、原価管理とその周辺業務も効率化したい場合は、対象範囲が広い原価管理システムを検討すると良いでしょう。

たとえば、「スマート F」は、在庫管理・製造管理・品質管理・受注管理の機能も搭載した生産管理システムです。

案件の受注から、材料の仕入れや製造、品質改善までをシームレスに管理できるため、生産工程全体を最適化します。

現状、自社がどのような課題を抱えており、どのように解決するのかなどの導入目的を明確にし、必要機能が備わったシステムを選定することが大切です。

選び方2.自社に適した提供形態か

原価管理システムの提供形態は、大きく下記の2つに分類されます。

  • オンプレミス型:自社管理のサーバー上にシステムを導入
  • クラウド型:インターネットを介してシステムを利用

オンプレミス型の原価管理システムは、目的に合わせ柔軟なカスタマイズができる一方で、導入コスト・運用コストが高額です。

また、万が一トラブルが発生した場合、自社で対処しなければならないため、ITに精通した人材が不可欠です。

対して、クラウド型の原価管理システムは、カスタマイズ性こそオンプレミス型に劣りますが、低コストで利用できる点が魅力。

システム障害が発生しても、ベンダー企業が対応してくれるため、少ない負担で利用できます。

提供形態ごとに一長一短があるため、自社のリソースや運用体制を考慮し、システムを選定すると良いでしょう。

選び方3.外部ツールとの連携が可能か

原価管理システムは、特に外部連携が重要視されるシステムです。

たとえば、原価情報を他部門から収集する場合、各業務を管理する外部ツールと連携できれば、集計時間・コストを大幅に削減できます。

また、入力ミスや重複業務の削減につながり、データの信憑性向上や生産性向上を実現できます。

効率的かつ正確に原価管理をおこなうには、外部ツールとの連携度を確認するのがおすすめです。

原価管理を企業経営に活かすならERPシステムがおすすめ

原価管理を現場のみならず、企業経営に反映させるには、社内情報を一元管理するERPシステムがおすすめです。

ERPシステムとは、企業のヒト・モノ・カネなどの経営資源を一元的に管理するシステム

全基幹業務・システムをシームレスに統合する、いわばパイプ役のようなものです。

ERPシステムを活用すると、あらゆる業務システムのデータを瞬時に取得でき、スムーズな原価管理が実現できます。

また、さまざまな分析機能やデータ出力機能を搭載しているため、原価状況を予算編成や経営判断に反映させやすいでしょう。

原価管理機能を搭載したERPシステムも数多く存在するため、原価管理を企業経営に活かしたい方や、全社的な最適化を目指す方はERPシステムの検討がおすすめです。

原価管理システムで利益を最大化させよう

本記事では、製造業・建築業向けのおすすめ原価管理システムを紹介しました。

原価管理システムは数多くの製品が提供されているため、下記3つのポイントを踏まえ選定・導入することをおすすめします。

  • 原価管理以外の機能が備わっているか
  • 自社に適した提供形態か
  • 外部ツールとの連携が可能か

また、原価管理を企業経営に活かしたい方や、全社的な最適化を目指す方はERPシステムがおすすめです。

社内データを一元的に管理するため、情報の円滑化や業務効率の向上を実現できます。

まずは、自社が抱える課題を明確にし、適したシステムを選定してみてください。

製造業向けのERPパッケージソフトの中でも、機能が世界一番多いと人気の「IFS Applications」。

複雑な日本の生産方式にも対応、コストを抑え導入可能です。

ぜひ、導入企業の声を聴いてみてください。

最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG