Infor社のERP「SyteLine」とは?導入効果・価格・評判を網羅的に解説

  • 2021年10月28日
  • ERP
ERP

製造業に特化し、ガートナー社からリーダーに認定された「Infor SyteLine」。

どのようなERP製品で、導入により何を実現できるのでしょうか。

本記事では、Infor SyteLineの搭載機能、特長・価格・他製品との違いを網羅的に解説します。

Infor社のERP「SyteLine」とは?

Infor SyteLineとは、Infor社が提供する製造業特化型のERPシステム

人事・会計などのバックオフィス業務をはじめ、販売・生産・物流に至るまで、製造業で必要とされる業務全域をカバーし、効率化・自動化を実現します。

また、世界有数のリサーチ企業であるガートナー社から、Oracle、Microsoftと並ぶリーダーに認定されるなど、高い評価を得ています。

この章では、Infor SyteLineの基本概要と搭載機能・価格帯について詳しく解説します。

Infor SyteLineは中規模組立製造業向けのERP

Infor SyteLineは製造業の中でも、中堅の組立製造業向けに開発されたERPシステムです。

高度な計画機能から、製品設計・資材在庫管理・製造管理・品質管理に至るまで、製造業が必要とする機能を網羅的に搭載。

見込生産・受注組立生産・受注生産・個別受注生産など、混同型の生産形態にも対応しています。

Infor SyteLineには、30年以上にわたり製造業をサポートしてきた経験が組み込まれているため、組立型製造業特有の様々な課題を解決できるでしょう。

また、世界5,500社以上での導入実績を誇り、多言語・多通貨・各国の法体制にも対応しています。

海外の工場でも導入でき、国内にある本社との連携強化も可能です。

Infor SyteLineの主要な搭載機能とは?

Infor SyteLineの主要な搭載機能を、以下表にまとめました。

グローバル対応機能 多通貨・多言語(20言語以上)・各国の法体制・商習慣
ハイブリッドな生産形態
  •  見込生産
  •  受注組立生産
  •  受注生産
  •  個別受注生産
  •  繰返し生産
部品表と工程表の統合

統合部品表管理と、APS連携したジャストインタイムの資材供給

工程単位の資材・在庫管理、原価計算

MRPエンジンとAPSエンジン 山積み・山崩しの自動化
その他分析機能
  • 売掛金分析
  • 元帳分析
  • 経営パフォーマンス分析
  • 売上分析
  • 在庫分析
  • 作業能率分析
  • 資材スクラップ分析
  • 製品売上貢献度分析
  • 製品納品率分析
  • 購買納期遵守分析

Infor SyteLineの価格とは?

Infor SyteLineのソフトウェアライセンス価格は、3,760,000円〜。(参照:世界中どこでも使える、組立型製造業に強い、進化し続けるERP|nouvelle

この価格には、5名分のユーザーライセンスが含まれており、6名以上の場合には追加料金が発生します。

また、オプションモジュールのうち、レポートソースコードと日本カントリーパック(特定国専用の業務要件)が含まれており、その他のオプションモジュールは別途費用が生じます。

この他、導入費用や開発費用なども発生するため、価格詳細はinforに問い合わせるとよいでしょう。

Infor SyteLineの5つの特長

Infor SyteLineには、下記5つの特長があります。

  • 企業のグローバル化に対応
  • 迅速かつ的確な意思決定の実現
  • 混合型生産にも柔軟に対応し業務をサポート
  • 天災・障害などの影響を最小限に抑えシームレスに稼働
  • クラウド型でありながら高い拡張性を誇る

それぞれの特長について、詳しく見ていきましょう。

特長1.企業のグローバル化に対応

Infor SyteLineには日本語・英語を始め、中国語・フランス語・スペイン語など、のべ20以上の言語機能が搭載されています。

複数言語をユーザーID単位で割り振り運用できるため、グローバル化に伴う現地従業員との連携も容易です。

また、多通貨機能は、あらかじめ取引通貨・換算レートを設定することで、請求書・決算書などの会計業務へ自動的に反映。

異なった通貨間の取引でも、1つのシステムで管理が可能です。

世界100カ国にinfor直営サポート拠点、150社以上のパートナー企業点在しており、365日24時間サポートしてくれます。

グローバルなサポート体制も整っているため、万が一システムに不具合が生じた場合でも安心です。

特長2.迅速かつ的確な意思決定の実現

製造業に特化したInfor SyteLineのBIとBAは、従来のBIソリューションよりも短時間で複雑なプロセスを解析・最適化します。

Infor社におけるネットワークBIサービスの自動化・機械学習技術は、特許を取得するほど。

Infor SyteLineは社内データを迅速かつ正確に分析し、意思決定の効率化や社内データを活用した的確な将来予測を実現します。

特長3.混合型生産へも柔軟に対応し業務をサポート

Infor SyteLineは、繰り返し生産から見込生産・受注組立・受注生産・個別受注生産に至るまで、様々な生産形態に対応

複雑な製品コンフィギュレーションにも対応し、生産活動の円滑化・効率化を実現します。

また、アフターマーケットのサービス契約、保全、保証管理、返品保証にまで対応しており、調達・製造・販売・消費などのサプライチェーン全域の最適化が可能です。

特長4.天災・障害などの影響を最小限に抑えシームレスに稼働

Infor SyteLineのみならず、Infor社のクラウド製品は基盤にAWSを採用しています。

研究開発に年間数十億ドル規模を投じられるAWSは、世界中に20以上のAWSリージョンと61のアベイラビリティゾーンが存在。

Infor SyteLineは、この複数のアベイラビリティゾーンでシームレスに動作するように設計されているため、天災・障害によるリスクを最小限に抑えられます。

特長5.クラウド型でありながら高い拡張性を誇る

クラウド型ERPは導入費用・期間に定評がある一方で、拡張性・カスタマイズ性の低さが懸念されがちです。

しかし、Infor SyteLineには、専用のカスタマイズツールが搭載されており、ノンプログラミングでのカスタマイズが可能

カスタマイズした機能はシステムのバージョンアップ後にも引き継がれるため、システム開発の負担を軽減できます。

また、Infor SyteLineの標準搭載機能とは別に、機能を追加・強化するオプションサービスも用意されています。

追加オプションはサブスクリプション制にて利用できるため、ムダのない機能拡充が可能です。

SyteLine以外のInfor社製ERP製品

Infor社は、Infor SyteLine以外にも下記2つのERP製品を提供しています。

  • Infor LN
  • Infor M3

この章では、上記2製品の特徴とInfor SyteLineとの違いを解説します。

製品1.「Infor LN」:大規模組立製造業向けERP

Infor LNは、Infor SyteLineと同様に組立製造業向けのERP製品

ただし、Infor SyteLineの対象企業よりも規模の大きな、大企業向けのシステムです。

引合から見積もり・契約・生産・出荷・納品後のアフターケアに至るまで、サプライチェーンを詳細に可視化し、効率化を実現します。

また、Infor LNは下記の業界別ソリューションをクラウドで利用するための、コアERPとして位置付けられています。

  • CloudSuite Aerospace & Defense:航空宇宙・防衛業界向け
  • CloudSuite Automotive:自動車業界のティア1サプライヤ向け
  • CloudSuite Industrial Enterprise:産業用機械などの重機製造向け

他業種のセガ エンタテインメントは、会計管理を中心とした基幹業務システムとしてInfor LNを導入し、店長業務の2割程度削減に成功。

業務フローのデジタル化・ペーパーレスを実現しています。(参照:Infor LN|infor

製品2.「Infor M3」:プロセス製造業向けERP

Infor M3は化学工業や食品・飲料製造などの流体を原料とする、プロセス製造業向けのERP製品

オペレーション・テクノロジー・スケールの3拍子そろった柔軟性や、他製品・他社製品を統合し、ワークフローを連携させる適合率の高さが特徴です。

Infor LNはInfor LNと同様、業界別ソリューションを利用するためのコアERPとして位置付けられています。

  • CloudSuite Food & Beverage
  • CloudSuite Chemicals
  • CloudSuite Distribution Enterprise

Infor M3はInfor LNやInfor SyteLineと違い、プロセス製造業の最適化を図るERPシステム。

プロセス製造業では、配合・レシピの複雑化や、内部取引増加に伴う情報錯誤などの課題が多く見られます。

しかし、Infor M3は社内データを自動で整理・分析してくれるため、プロセス製造業が抱える多くの課題を解決できるでしょう。

Infor SyteLineの導入事例と評判

Infor SyteLineの導入企業では、どのような効果を実感できたのでしょうか。

  • Liberty Steel UK社
  • 株式会社フジキン

上記の導入事例をもとにInfor SyteLineの導入効果と評判を解説します。

事例1.Liberty Steel UK社

引用:Liberty Steel UK社は、Infor CloudSuite Industrial EnterpriseでDXを前進|infor

Liberty Steel UK社は溶鋼の製造から精密製品の加工を手掛ける総合製鉄・販売企業。

2017年のM&Aにより、迅速な統合作業・生産性の維持が求められ、ERPシステムの調査を開始します。

求めたERPシステムの条件は、次の3つ。

  • 運用・保守が容易
  • 短期間での導入
  • 製鉄業特有のプロセスやベストプラクティスを搭載

Infor SyteLineの導入は900人のユーザーを対象におこなわれ、13ヶ月で本稼働に至ったとのこと。

クラウド型ERPならではの短期的な導入といえます。

また、財務管理、調達管理、工場保全、人事管理などの業務をInforへ適合させることで、オペレーションの効率化を果たしました。

Infor SyteLineには、ベストプラクティスが搭載されているため、業務をシステムへ適合させることで、成功企業の業務を再現できるのです。

事例2.株式会社フジキン

引用:フジキン、ビジネス拡大を見据えインフォアの製造業向けクラウドERPを採用|infor

株式会社フジキンは自動車用トランスミッション、ステアリングなどの駆動系部品・機能部品を手掛ける金属加工会社。

株式会社フジキンは月に800万個の自動車部品を製造しますが、生産体制を支える管理システムを手組みで構築していました。

しかし、事業拡大に伴い、システムの抱える課題が顕在化。

代わりとなる生産管理システムの導入が、求められました。

ERP選定時のポイントは、下記の2つ。

  • 既存業務に対応する機能をあらかじめ搭載
  • 運用負荷の少ないクラウド型での提供

Infor SyteLineはトヨタ式生産方式をはじめ、様々な生産計画機能を標準搭載しており、株式会社フジキンの既存業務の85%に対応したとのこと。

また、特定の従業員に依存するシステムの俗人化を回避しつつ、標準化できています。

Infor SyteLineによる運用負荷の軽減は、月の作業工数を170時間削減するほど。

Infor SyteLineはクラウド型での提供のため、運用工数のみならず運用コストも抑えられます。

製造業特化型ERPをご検討中の方へ

Infor SyteLineは、中堅の組立製造業に特化したERPシステムです。

必要機能が標準搭載されているため、製造業が抱える様々な課題の解決が見込めます。

また、製造業に特化したERP製品をお探しの方は「IFS application」もあわせて検討するとよいでしょう。

IFS applicationは、製造業向けERPで機能評価世界1位を獲得する製品です。

あらゆるデバイスですべての機能を利用できるなど、利用環境の柔軟性も魅力。

業務プロセスとのマッチ率が高く、最小限のカスタマイズで、業務最適化を実現します。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG