生産管理の業務とは?社内の人材を活かし作業効率化する方法を解説

ERP

生産管理は「きつい・つらい」と言われますが、どのような業務を遂行しているのかご存知でしょうか?

今回は、生産管理の業務について解説します。

あわせて、生産管理向け人材探しの手間をなくす方法も紹介。

読み終える頃には、生産管理の業務ストレスを減らし、社内の人材を活かす方法がわかるでしょう。

生産管理の業務とは?6つのフロー

業務フローがわかれば、生産管理がきついと言われる理由も見えてきます。

きっと社員のストレスの原因を突き止める際にもいかされるでしょう。

具体的な生産管理の業務フローを紹介します。

生産管理の業務1.製品受注量を予測する「需要予測」

需要予測は生産管理の土台となる業務です。

需要予測では、過去データ・景気・季節・競合他社の状況などをもとに、どれだけの製品を生産すべきかを予測します。

需要予測よりも受注量が上回れば在庫不足の、受注量が下回れば在庫過多の原因となります。

需要予測は、企業のキャッシュフロー悪化を招かないための重要な業務です。

担当社員には、正確な需要予測を導き出す幅広い視野と的確な判断力が求められます。

生産管理の業務2.製造量を計画する「生産計画」

生産計画は需要予測・生産ラインの生産能力・資材や人材の確保などを踏まえて計画を立案する業務です。

せっかく十分な資材があっても、人材不足では生産が追い付かず、多大な損益を抱えるリスクがあります。

リスク回避のためには、生産計画にあわせた資材・人材の確保がポイントです。

しかし、予定していた資材・人材が配備できないケースがあるのも現状でしょう。

そのため担当社員は、ロジカルな思考とともに、不足の事態に合わせた計画を練り直す柔軟性が求められます。

生産管理の業務3.資材確保のための「調達・購買計画」

調達・購買計画は生産計画に沿って、必要な時に必要なだけの資材を調達できるよう計画する業務です。

資材不足では製造ラインがストップしてしまいますし、資材過多であればキャッシュフローが悪化します。

調達・購買計画では、資材調達部門との綿密な連携が必須。

担当社員には部署間の調整約となれるような高いコミュニケーション能力が求められます。

生産管理の業務4.計画通り製造できているか確認「生産実施・制御」

生産実施は生産管理部門が行うか、工場の別部門が行うかが企業によって異なります。

具体的な業務内容は、計画通りに生産が進んでいるかのチェックと、受注数変更や飛び込み注文への対応です。

必要時は製造ラインにおける工程計画を変更する場合もあります。

担当社員には柔軟性とともに統制力が求められます。

生産管理の業務5.製品検査・不良品対応「品質管理」

品質管理は、製品の製造手順や製品が一定以上の品質を保っているかを確認する業務です。

同時に、不良品が発生した場合の原因究明を担います。

担当社員には原因究明のためのロジカル思考と観察力が求められます。

生産管理の業務6.的確な製品量確保「在庫管理」

在庫管理は、製品ごとの在庫数を把握し、生産量を調整するのが業務です。

変動を続ける需要に対して、当初の生産計画にズレが生じるケースが少なからず存在します。

現状を把握し、的確な分析をもとに生産計画を調整します。

担当社員には幅広い視野・分析力・柔軟性が求められます。

注意点:生産管理と製造管理では業務範囲が異なる

生産管理は製造全般における管理業務です。

対して製造管理は製造現場の工程管理を意味します。

生産管理と製造管理は似ている言葉ですが、管理する業務範囲に大きな違いがある点に注意しましょう。

生産管理の業務がきつい、3つの理由とは?

生産管理の業務とは?6つのフローで解説したように、生産管理は幅広く、担当社員の負担が大きくなりがちな業務です。

しかし、担当社員は実際にどのようなストレスを抱えているのでしょうか。

生産管理の業務がきついと言われる理由を解説します。

生産管理の業務がきついと言われる理由について、より詳しく知りたい方は下記記事もご参考ください。

IFS LABO blog by CHENGSI Japan

生産管理の仕事がきついのは確かです。しかし、具体的には何がきついのでしょうか。そして、きつくても頑張り続ける価値のある仕…

理由1.生産管理の業務は部署間の板挟み

生産管理は調達・工場・営業など、他部署との連携を求められます。

ゆえに、部署間の板挟みに苦しむのは必然とも言えるでしょう。

たとえば、不良品が製造された場合。

不良品が製造されたのは、工場での製造ミスが原因かもしれませんし、資材に原因があったかもしれません。

製造部門と資材調達部門は、責任の所在を巡りトラブルに発展しかねない状況です。

生産管理部門はトラブル回避のために部署間の間に入り、平和的な解決策を考えなければなりません。

想像するだけでも胃が痛くなってしまいます。

理由2.生産管理はトラブル対応業務が大変

生産管理におけるトラブルとして、設備の故障・資材の納入遅れ・受注量変更などがあげられます。

製造に関わるのが人間である以上は、急な怪我や病気で人材が不足するリスクも考えられます。

しかも、トラブルへの対応をじっくりと考える時間は少ないでしょう。

なぜなら、トラブルが発生しても納期は待ってくれないためです。

顧客からの信頼を維持するために奔走する日々は、担当社員に大きなストレスを与えます。

理由3.生産管理の計画変更業務が煩雑

工程管理においては標準時間をもとにして計画が立案されます。

しかし、製造ラインごとの生産能力は異なり、業務負荷の偏りによって現場からの不満の声があがるケースも。

不満への対処としては、製造ラインに合わせた計画の見直しが必要です。

どのラインにどれだけの業務を振り分けるのかを的確に見抜くのは難しく、計画見直しは煩雑を極めます。

製造ラインの可視化ができず、担当社員は頭を抱える日々を過ごさざるを得なくなるでしょう。

生産管理の作業向きの人材像とは?

多忙な生産管理の業務に向いている人材像は以下の通りです。

さっそく具体的な人材像を解説します。

生産管理向けの人材を探す際にお役立てください。

人材像1.ロジカルに生産管理業務を考え実行できる人

生産管理は計画・トラブルに対応する必要があります。

そのため、感情的にならず、冷静かつ論理的な思考ができる人材が必要です。

さらに、生産管理では需要予測のデータ分析・生産量・資材量・製造ラインの人員数・作業時間・在庫量など、様々な数字を扱います。

ゆえに数値や数量に着目してとらえられる定量的な面を持ち併せる必要があります。

人材像2.生産管理で幅広い視野を業務に活かせる人

生産管理では計画変更やトラブルに対して柔軟に対応しなければなりません。

そして柔軟な対応に必要なのが俯瞰的な視野です。

目先の出来事に惑わされ、その場しのぎの対応を繰り返した先にあるのは計画の破綻です。

長期的かつ俯瞰的な視野をもって、納期と品質を確保しながら業務を遂行する能力が求められます。

人材像3.生産管理の業務で統制力を発揮する人

生産管理は複数の部署と連携を必要であり、高いコミュニケーション能力が求められます。

同時に求められるのが統制力です。

生産管理は、急な受注量変更や飛び込み注文に対して計画を変更した際に、製造プロセスの司令塔としての役割を果たさなければなりません。

変更となった内容を製造現場に的確に伝え、スムーズに生産を継続できるよう支援するためです。

コミュニケーションスキルと統制力の2つは円滑に業務を進めるための要となるでしょう。

生産管理を基幹システム「ERP」で支援、業務はどう変わる?

慢性的で深刻な人材不足の中、生産管理向けの人材を探すのは難しいのではないでしょうか。

そこで、生産管理に役立つのが「ERP」です。

ERPの導入で、生産管理がどのように変わるのかを解説します。

ERPによる可視化で生産管理の業務を効率化

ERPが持つ情報統制力により、どの製造ラインに・どの程度の業務負荷がかかっているのかを把握できます。

つまり、生産計画が策定しやすくなり、結果的に業務の効率化を図れるということ。

さらに、製造ラインの可視化がもたらすのは計画策定の効率化にとどまりません。

不良品が出現した製造ラインやロット管理が簡単になり、トラブルへの対応がスムーズになります。

社員の残業時間減少にも役立ち、コンプライアンス強化の一環としても有効です。

ERPで速やかに情報共有、生産管理の負担を軽減

生産管理において、情報のタイムラグに悩んでいる方が多いのではないでしょうか。

例えば吸収合併によって、様々なシステムが混同している状況があるとしましょう。

システムが違えば連携は困難で、必要なデータはCSVに落としやり取りしなくてはなりません。

システムにはリアルタイムの情報が反映されず、非効率的な業務に苦しむでしょう。

そこで活躍するのが、ERPの情報一元管理機能です。

バラバラのシステムをERPに刷新し、情報は1つのシステムで一元管理。

ERPはコスト以上のパフォーマンスを発揮し、ムリ・ムダのない業務遂行を支援してくれます。

ERPで生産管理の板挟みストレスを少なくする

ERPの情報一元管理は、部署間の板挟みストレス対策に有効です。

例えば、リードタイムを早めたい営業部門と、リードタイムは早められないとする製造現場。

生産管理は両者の間に入って調整しますが、ERPがあれば負担が減ります。

なぜなら、営業部門が製造現場の状況を把握可能なためです。

生産管理は製造現場の状況を営業部門に伝える際、リードタイムは今以上に早められない旨を目で見てわかるよう説明できます。

板挟みストレスが少なくなった生産管理部門は、主業務に集中しやすくなるでしょう。

生産管理業務、ERPがあれば担い手を選ばない

今回お伝えしたポイントは以下の通りです。

  • 生産管理の業務
  • 生産管理がきつい理由
  • 生産管理向けの人材像
  • 生産管理はERPで効率化可能

生産管理向きの人材探しにコストをかけるのは、人材不足を考慮すると現実的とは言い難い一面があります。

しかし、ERPで作業を簡易化できれば、社内の人材を活かせるのではないでしょうか。

チェンシージャパン株式会社では、製造業界に特化したERPを提供しております。

ERP導入の際は使い方を丁寧に指導し、長期的なコストダウンが可能です。

複数のシステム連携によって引き起こされるトラブルに悩まれている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG