生産管理の「あるべき姿」はコレだった。中小企業が生き残る方法とは?

ERP

生産管理のあるべき姿は、基幹システムなくして到達できません。

消費者ニーズが多様化し、製造する製品は多岐に渡っているのが実情です。

品質の管理についても考えると、デジタル・ITの力を借りずしては、生産管理は困難でしょう。

生産管理のあるべき姿を取り戻すために、何が必要なのかを解説します。

生産管理のあるべき姿には「基幹システム」が不可欠な3つの理由

生産管理のあるべき姿に、基幹システムが不可欠な理由は以下の3つです。

さっそく、詳しく解説します。

理由1.生産管理のあるべき姿が変わった

以前、製造業に求められていたのは、少品種大量生産でした。

「作れば売れる」という感覚のもと、ひたすらに指示を出し、現場をあおっていた時代です。

しかし、近年では、多品種少数生産を繰り返す現場がほとんどでしょう。

生産管理に「Q(品質)・C(原価)・D(納期)」の最適化が求められるのは変わりませんが、そのための業務内容は大きく変化したのが現状です。

そうした現状の中、生産管理のあるべき姿を見出せないのは、改善以外の方法を知らないためではないでしょうか。

ただただ「改善」という言葉に頼り、何を・どう改善すべきかに辿り着けないのでは本末転倒です。

社内の状況把握・課題分析をするためのツールとして、基幹システムが求められています。

理由2.生産管理の業務が煩雑

多品種を扱う現在では、ただでさえ煩雑な生産管理の業務を、よりスピーディにこなす必要があります。

生産管理の業務は「生産管理の業務とは?社内の人材を活かし作業効率化する方法を解説」にも掲載していますが、すでにマンパワーで解決できるレベルを超えています。

そして、生産管理の業務が煩雑だからこそ、基幹システムの力が必要です。

基幹システムを導入していない生産管理は、夜にライトを点灯しないまま車を運転するのと同じ状態です。

周囲が暗く、情報が不足して精神的なストレスが蓄積。

さらに、徐行運転となるため、非効率的な移動となります。

基幹システムによる情報可視化機能は、夜道を照らすライトと同じです。

情報の可視化は、生産管理に必要な情報を提供します。

理由3.より効率的な生産管理が求められている

品質管理では、あちこちのラインからの情報が錯綜します。

そういった場面では、情報の整理から始めなければならず、効率性に欠けている状態です。

それでは、ラインからの情報整理を、基幹システムに任せられるとするとどうでしょうか。

業務のスタートラインが違うだけで、業務は効率化されます。

業務の効率化がすすめば、多品種生産のスピードにも追いつきやすく、企業としての収益向上も見込めます。

基幹システムによる業務効率化が可能かどうかは、企業の成長に大きく関わるポイントです。

生産管理システムより高効率、あるべき姿に導くERPとは?

近年では、生産管理システムの機能を備え、全社的な業務効率化が可能なERPに注目が集まっています。

より効率的に、生産管理をあるべき姿に導くERPについて解説します。

ERPについては「【入門編】ERPシステムとは?導入効果・手順と注意点を解説」も参考になさってください。

ERPは情報一元管理で生産管理をあるべき姿に導く

ERPは、会社の全部門をつなぐ基幹システムです。

これまでは、部門ごとに基幹システムを導入するのが一般的でした。

しかし、部門ごとに基幹システムが異なった場合、情報をすり合わせる作業が必要です。

結果的に業務効率が低下し、生産性の向上を困難にしていました。

ERPは、そういった悩みを解決可能です。

情報は一元管理でき、必要な情報はスピーディに取得。

残業に関するコンプライアンスへの不安が減るのと同時に、社員が定着しやすい会社を目指せます。

ERPは業務可視化で生産管理をあるべき姿に導く

工場で発生した機械トラブルは、対応の素早さが、納期管理や収益に直結します。

ERPの業務可視化を活用すると「工場のどこで・何が・どのようになっているか」といった情報を、速やかに入手可能です。

現場スタッフへの素早い指示が可能になり、トラブル対応に対する業務負担が軽減。

被害を最小限に食い止め、経済的な損失を抑えられます。

これまでは、機械トラブルの原因もわからないまま、応急処置するシーンが多く見られました。

それにより、さらに大きなトラブルを招くケースもあったでしょう。

ERPを導入すると、原因の速やかな分析・解明が可能です。

ERPのビッグデータ活用で生産管理をあるべき姿に導く

ニーズは流動的な変化を繰り返し、需要予測は困難を極めます。

そこで役に立つのがビッグデータです。

ERPが蓄積・解析したデータを活用し、季節的なニーズの変化を予測。

さらに外部のデータを加えると、より的確な需要予測が可能です。

リソースの活用が活発化すると、素早く的確な経営判断も可能にします。

うつろいやすい社会だからこそ、ビッグデータを活用しましょう。

ERPの導入は、企業としての競争力を身に付けたいときに有効な手段です。

生産管理をあるべき姿に導くシステム比較

ERPの導入に対して、不安を感じている方も多いでしょう。

特に、ビッグバンアプローチを検討している場合はなおさらです。

生産管理システムとERPを、3つの観点から比較してみましょう。

ビッグバンアプローチについて詳しく知りたい方は「ERPはビッグバンアプローチor部分導入、どちらが良い?選び方も解説」をご覧ください。

生産管理システムは範囲が限定されがち

生産管理システムは、生産管理に特化したシステムです。

管理可能な範囲は、生産管理のみ。

企業として考えた際、基幹システム導入による業務効率化の恩恵は部分的に留まります。

他部門に、別の基幹システムを導入している場合は、ランニングコストにも注意すべきです。

この場合は、複数のベンダーに運用・保守を依頼せねばならず、コストが上積みされます。

全社的に導入でき、1つのベンダーで管理可能な、ERPのほうが低コストです。

ERPは生産管理システムの機能を十分に備える

ERPの生産管理機能は十分なのか、という疑問はよく耳にします。

答えは「生産管理はERPで十分に対応できる」です。

さらに言えば、ERPは生産管理システムよりも使いやすい基幹システムです。

なぜなら、情報共有が圧倒的にスムーズなため。

最近では、リモートでの生産管理を可能にするERPも存在します。

ERPは、生産管理業務の効率化だけでなく、フレキシブルな働き方の支援も可能です。

ERPはシステム統合の課題を解決可能

「ERPを導入せずとも、基幹システムを連携させて統合すればいい」という考え方はおすすめしません。

なぜなら、高い確率でシステム間エラーが発生するためです。

詳しくは「ERPとMESの違いとは?連携が求められる背景とデメリットも解説」に掲載していますが、ネットワーク接続がネックとなります。

各システムが問題なく稼働できていても、ネットワーク上の遅延や、一時的な切断がエラーを引き起こします。

エラーが発生するたびに、業務を中断していては、いくら時間があっても業務が終わらないでしょう。

その一方で、ERPは全社を1つのシステムで管理するため、ネットワークに起因するエラーのリスクがありません。

ERPは、不要なエラーを防止し、ストレスなく業務に集中できる基幹システムです。

生産管理をあるべき姿に!ERP選びに欠かせない3つのポイント

生産管理を、あるべき姿に導くためのポイントは以下の3つです。

  1. クラウド型ERPか
  2. アジャイル開発に対応したERPか
  3. コンポーネント型ERPか

上記は導入に必要な、コストや期間を左右するポイントです。

ERP導入を、検討する際にお役立てください。

ポイント1.クラウド型ERPか

クラウド型ERPかどうかは、コストと管理の手間に大きく関わります。

クラウド型であれば、社内サーバー設置費用と、サーバー管理にかかる手間が不要なためです。

クラウド型は、セキュリティの脆弱性を心配される方もいるでしょう。

しかし最近のERPは、技術の向上により、堅牢なセキュリティ対策が施されていて安心です。

ポイント2.アジャイル開発に対応したERPか

アジャイル開発に対応したERPであれば、短期間でのERP導入が可能です。

つまり、ERP導入プロジェクトに関わる、人材の業務負担を軽減できるということ。

アジャイル開発ができるかは、ERPの開発・導入費用の軽減にもつながります。

導入する前に、アジャイル開発に対応しているかを確認しましょう。

ポイント3.コンポーネント型ERPか

コンポーネント型ERPとは、基本的なシステムをパッケージ化し、プラスアルファの機能を選べるERPです。

フルスクラッチ型とパッケージ型、それぞれの長所を活かしたERPとも言えます。

コンポーネント型ERPは、優れたコストパフォーマンスとフィット性があり、近年では注目を集めています。

フルスクラッチ型・パッケージ型については「【わかりやすい!】ERPとは?基本から種類・選び方まで徹底解説!」で詳しく解説しています。

生産管理を本来の「あるべき姿」にしたいとお考えの方へ

生産管理を、あるべき姿にするために必要なポイントは下記の2つです。

  • 生産管理をあるべき姿にするには、デジタル・IT技術の活用が必須
  • 基幹システムはERPがおすすめ

時代の変化に伴い、より柔軟な対応やDX推進が求められる今こそ、ERPの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

チェンシージャパン株式会社では、クラウド・コンポーネント型、かつアジャイル開発に対応したERPをコンサルティング致します。

資料請求は、資料ダウンロードページから、お気軽に申し込みください。

―――最適なソリューションを最適なコストで。

チェンシージャパン株式会社(IFSチャネルパートナー)は、「IFS Applications」の販売・導入・構築・運用までワンストップで提供中。

専門コンサルタントにより、お悩みを丁寧にヒアリングの上、最適なご提案をさせていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 
 
最新情報をチェックしよう!
>グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

グローバルERP IFS導入におけるシステムインテグレーター『チェンシージャパン株式会社』

チェンシーグループの日本法人として、アジア地域の企業に向けて高品質で革新的なソリューションを提供しています。日本・中国・タイを拠点にIFS経験者を100名以上を抱え、海外拠点へ進出されるお客様プロジェクトの円滑な支援も実現します。

IFSに関するコンサルティング・導入・運用保守までのサービスを通じてお客様ビジネスの効率化と成長の実現を共に目指します。サイト内には導入事例やホワイトペーパーもございます。情報収集にお役立てください。

CTR IMG